ダイエットサプリおすすめ

痩せたいんです!ダイエットサプリって本当に効果があるの??

ダイエットサプリで痩せたい女の子へ

痩せたい!痩せたい!痩せたい!

 

世の女性の中で「ダイエットとか別にいいかなあ・・必要ないかな・・・」って思っている人っていったいどのくらいいるんでしょうか?

 

傍から見るとスリムだなあって思う人も実は昔は太っていて壮絶なダイエットをしてきた人だったり、
甘いものとか高カロリーのものいっぱい食べてるのに太らなくていいなあって見えてる人も、超ハードな運動をしていたり・・・。

 

 

「何もしないでただスリムで、ダイエットとか考えたことないし、痩せたいとか思ったことないし逆にちょっと太りたいし・・・」

 

なんていう人はほとんどいないのではないでしょうか?(たまにいますけどね、本当に何をしても痩せてる子)

 

そうダイエットは、女性なら誰でもいつでも常に頭にある究極のテーマ。
いつでも女性はダイエットにとらわれている!!

 

そして痩せたいけど、食べたいし、できれば運動もあまりしたくないし・・ってね、ほtんどの女性はそう思っているのではないでしょうか。
はい、私もです。

 

でも本当に効果はあるの?

ダイエットサプリって効果あるの?

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、手っ取り早くはじめるならやっぱり
ダイエットサプリ

 

さすがに飲むだけで〜簡単に〜なんていう甘いだけの言葉は信じなくなったけど、それでも期待してしまうダイエットサプリ。

 

でも、、、、本当に効果ってあるの?
本当に痩せられるの??

 

ということで、当サイトでは話題になっている人気のダイエットサプリや、ベストセラーのダイエットサプリからまで様々なダイエットサプリを徹底調査しました。
インスタやTwitterなどで話題になったり口コミサイトでの投稿も調べ、「おすすめのダイエットサプリ」をランキングなどで紹介しています。
またダイエットサプリの種類・種別ごとのおすすめポイントなどもしっかり解説しました!

 

ダイエットサプリ試したいけど、本当はどうなの?
どれを買うのが効果的?

 

と気になったダイエットサプリの購入前に悩んだ時に是非参考にしてみてください。

 

 

ダイエットサプリの種類

ダイエットサプリと一言で言っても、その種類には大きな違いがあるって知っていましたか?

 

ただ人気がある!売れてる!ってことだけで選んだら大間違い。
それぞれのタイプ(効き方)を理解したうえで飲まないと全く効果が得られないってことが多いのです。

 

「高いダイエットサプリ飲んでるけど全然効かないんだけど!!!」
っていう人の中にはこの間違いに気が付いていない人も多いのです。

 

ダイエットサプリの種類は主に4つに分かれます。

 

  • 脂肪燃焼サプリタイプ
  • 糖質・脂質カットサプリタイプ
  • 食欲抑制サプリタイプ
  • 腸内・体内環境改善サプリタイプ

 

これらのダイエットサプリはそれぞれ体に入ってからの役割が全く違います。
ここをまず理解することがダイエット成功のポイントです。

 

 

脂肪燃焼サプリ

脂肪燃焼サプリ

脂肪燃焼サプリとは、体脂肪を減らすことをサポートするサプリメントです。
このタイプのダイエットサプリは体内で脂肪が燃焼することを助けます。

 

体内で脂肪を燃焼させる成分としては
カプサイシン、カテキン、カフェイン、L-カルニチン、共益リノール酸、コエンザイムQ10、αーリポ酸などが知られています。

 

普段の食事でも取り入れることができる成分も多いのですが、その不足分をサプリメントで補おうというものです。

 

脂肪燃焼タイプは脂肪が燃焼するのをサポートするサプリです。
・・・脂肪は何もしなければあまり燃焼しません。
そうです、体を動かすことで脂肪は燃焼します。

 

このタイプのダイエットサプリはただ飲むだけの人よりも運動を取り入れることができる人向けのダイエットサプリです。
健康的にきれいに痩せたい人は運動も覚悟してこのサプリを取り入れるのがおすすめです。

 

 

 

糖質・脂質カットサプリ

糖質カット

糖質カット・脂質カットサプリとは体に入ったカロリーが体に吸収されるのを制限(カット)する働きをするサプリ。
余分なカロリーを腸内で吸収すること防ぎ、そのまま排出してくれるように促します。

 

この役割をする成分としては、ギムネマ、キトサン、コレウスフォスコリー、難消化デキストリンなどがあります。

 

ご飯などの炭水化物や甘いものに含まれる糖質、油に含まれる脂質などの吸収を抑制してくれます。
ブームになっている炭水化物を食べないという糖質制限ダイエットは完全に初めから糖質を体に摂取しないというダイエット法ですが、この糖質カットダイエットサプリは体内に入っても吸収させないようにするというわけです。

 

太るとわかっていてもご飯やパンが食べたい人、運動で体脂肪を燃やすのはしんどいかな・・・って気がしている人にはぴったりのダイエット法です。
(はっきいってこれはかなり人気があります!だって楽ですもの!)

 

 

 

食欲抑制サプリ

食欲抑制

食欲抑制サプリは食欲そのものを抑えるサプリ。
食事の前にお腹がいっぱいになったと勘違いさせたり、食欲を感じさせなくしたいします。

 

この働きをする成分は、ギムネマ、ガルニシア、カフェイン、酵母ペプチド、アフリカマンゴノキエキス 、レプチン、グレリンなど。

 

食欲がなくなれば食べなくていい!これは簡単と思ってしまいいますが、味わう食べるという楽しみも同時になくなってしまうのは少し悲しい気もします。
ただし、普段から明らかに食べすぎだったり間食がやめられないという人にはまず初めに検討して欲しいダイエットサプリです。

 

 

 

 

腸内・体内環境改善サプリタイプ

腸内改善

腸内環境を改善してダイエットを促進するダイエットサプリです。
便秘気味の人はなかなか体重が減りません。
また体内に老廃物がたまっていくとお腹が出てしまうし、肌荒れなども引き起こします。
これを改善し、腸に良い善玉菌を増やすようにしていくのがこのダイエットサプリです。
「腸活」という言葉もあるように腸の環境の見直しはダイエットにも大きく関係しています。

 

この働きをする成分は、ずばり乳酸菌やビフィズス菌。他には食物繊維やオリゴ糖、ラクトフェリンなどがあります。

 

すぐに痩せるという速効性では他のダイエットサプリに落とるかもしれませんが、一度痩せた体をリバウンドしないようにキープしたり、健康の維持のためにもつながるので、ダイエットサプリとしてだけでなく継続愛飲していきたいサプリメントです。
また体重のわりにはお腹が出てしまっているという悩みのある方にもいいでしょう。

 

ダイエットサプリって危険はないの?

危険なサプリメント

もし購入しようと思っているダイエットサプリが、

 

「飲むだけでどんどん痩せます!」

 

なんて書いてあったらこれはもう危険かもしくは全く効果がないものと考えていいと思います。

 

基本的にサプリメントというものは健康補助食品のことを言います。
健康補助食品は「食品」であり、体に不足している成分を補う役割をします。

 

それを飲んだから痩せるというような媚薬はまさに危険な薬。
一般に日本のメーカーではこのような薬は店頭でもネット通販でも販売されてはいませんが、海外から輸入されてものであったり怪しげな通販サイトでは売られていることもあります。
これらは効果がないだけならまだいいですが、体に害をもたらすものも少なくはありません。
「これはなんか危ない」と思ったら絶対に購入してはいけません。
実際に、海外のサプリメントを購入して健康被害(死亡例を含む)にあったという症例は厚生労働省でも公示されています。
(参考→厚生労働省健康被害情報・無承認無許可医薬品情報

 

海外製品は輸入元も責任を放棄してしまうような怪しいサプリメントがまだまだたくさんあります。
病気になって痩せたってなんの意味もありませよ!!

 

(※当サイトで販売元のしっかりしているサプリメントしか掲載していませんのでこの点はご安心ください)

 

ダイエットサプリの副作用

ダイエットの成功のために

怪しいサプリメントではないとしてもダイエットサプリには副作用はないの?という心配もあるかと思います。
基本的にサプリメントの場合は医薬品ではないので副作用はありません。
ですが、どんなものでも飲みすぎ食べすぎは逆効果ですし、思わぬトラブルも起こすことがあります。
どのサプリにも適切な量が書いてありますので、その用法容量はしっかり守って飲むようにしましょう。

 

他の医薬品との飲み合せもサプリメントの場合はあまり考える必要はないのですが、気になる場合は医薬品の購入時に薬局で問い合わせみましょう。

 

 

 

 

ダイエットサプリでダイエットを成功させるためには

 

ダイエットサプリはダイエットをサポートしてくれますが、飲むだけでどんどん痩せるというような媚薬ではありません。
どんなに効果的なサプリメントだったとしても、何も考えずに暴飲暴食をしていては痩せるのはまず無理。
いくら糖質カット、脂質カットのサプリメントを飲んでもそれ以上にカロリーを摂取しては意味がありません。

 

また脂肪燃焼サプリを張りきって飲んでも、体脂肪を燃やすための運動も全くせずに寝てばかりというような何も考えない生活習慣を過ごしていては効果が期待できないでしょう。

 

ダイエットをしていく上で何よりも大切なこと、それはやはり当たり前すぎますが

 

「私は今ダイエットをしている」

 

という自覚をしっかり持つことではないかなと思います。

 

ダイエットサプリを飲んでいるから大丈夫!というのではなく、ダイエットサプリを飲んでいるからこそこの自覚を忘れないことかな!と思います。

 

これはどのくらい痩せたいかによってもちろん変わってきます。
「ダイエットをしている」今と、「スリムな体形を維持したい」ダイエット成功後は変わってきますが、油断をすればすぐに太ってしまうのが女性の体。
ダイエットとは一生付き合っていななくてはいけないのです。

 

だからこそ、このちょっとした意識の違い、生活習慣の違いはいつでも忘れないで行きたいものです。

 

(※痩せる!太らない!生活習慣についても当サイトではいろいろ紹介していきます)

 

理想の体重は何キロ?

成功をイメージ

ダイエットを成功させるためには「なりたい自分」をイメージするのもすごく大切。

 

理想の体型は何キロ?
今自分はどのくらい太っているの?

 

この差をしっかり意識して、

 

理想の体重・体形になった自分を妄想しましょう(笑)

 

その体形になれたらあの服を買おう

 

そう、こうやって目標をもって頑張るのが一番です!!

 

 

適正体重の求め方【BMI】

体重とBMI

適正体重は簡単な計算式で計算することができます。

 

適正体重=身長(m)×身長(m)×22

 

一般的に、BMIという指数が22になる体重を【適正体重】と呼んでいます。
(ちなみに、いわゆる痩せているスリムな体形はBMI20、モデルのような体形はBMI18で計算します。)
BMIは、体重(kg)÷身長(m)÷身長で計算します。

 

おおよその身長で計算するとBMI22は

 

身長150pで49.5s
身長155pで52.86s
身長160pで56.32s
身長165pで59.90s
身長170pで63.58s

 

 

となります。
でもこれって正直なところあまりスリムとはいえない・・・です。
太ってもいないけど、今の時代だと少しぽっちゃりって言われれてしまいそうな体重。
BMI22ではまだまだ痩せたいと思ってしまいます。

 

 

日本肥満学会で発表されている肥満度判定基準では

 

BMI   肥満度判定
 18.5未満 低体重(やせ)
18.5〜25未満 適正体重(普通体重)
25〜30未満 肥満(1度)
30〜35未満 3肥満(2度)
35〜40未満  肥満(3度)
40以上  肥満(4度)

 

となっています。

 

モデル体型はBMI18。
低体重って書いてあるとなんだかイケナイいけないような気がしますが、
実際の体重で見てみると、

 

身長150pで40.5s
身長155pで43.25s
身長160pで46.08s
身長165pで49.01s
身長170pで63.58s

 

 

確かに厳しい目標になりますが、「あの子めっちゃスリム!」って言われる体系の人はこのくらいなのです。

 

もう少し緩い目標で頑張るなら、BMI20くらい。

 

身長150pで45.0s
身長155pで48.05s
身長160pで51.20s
身長165pで54.45s
身長170pで57.80s

 

すっごくスリムというわけではないですが、このくらいならそこそこイイ感じの体形に。
どんな洋服もそこそこ着こなせますね。

 

今の体重と比べてみてどうですか?
まずはここBMI20を目指してみましょう!!

 

(もうすでにそれ以下の方はBMI18目指して先をどうそっ!!)

 

最も簡単なダイエットの考え方

さて、なりたい体形、理想体重もイメージできました。
そのためにはあと何キロ減らせばいいのかというのもわかったと思います。

 

ここで最も簡単なダイエットの考え方をおさらいします。

 

体重はどうやったら減るか。

 

摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば人間は痩せることができます。

 

これだけです。

 

多くのダイエットサプリも基本的にはこのお手伝いをしているのです。

 

脂肪燃焼サプリは消費カロリーを上げることを促進しますし、
糖質・脂質カットサプリは摂取カロリーをカットします。
食欲抑制サプリは摂取カロリーを取りすぎないようにします。
腸内環境改善サプリは摂取カロリーが蓄積されないように排出しやすくします。

 

人間には基礎代謝というものがあり、これは人間が生きていくうえで何もしなくても消費しているカロリーの数値をいいます。
男女差、年齢差、体格差などで変わってきます。

 

基礎代謝の男女のおおよその平均値は

 

 

年齢 男性 女性
18〜29歳 1,550 1,210
30〜49歳 1,500 1,170
50〜69歳 1,350 1,110
70歳以上 1,220 1,010

 


人間は寝ているだけではありませんから、この基礎代謝に生活代謝というものが加わります。
この2つ基礎代謝と生活代謝を合わせたものが総消費カロリーです。

 

生活代謝はどんな活動をしているかで大きく変わります。
ほとんど動かないでいる人、通勤や通学で少しだけ体を動かす人、仕事やスポーツで体をかなり使う人、肉体的な重労働に従事している人。
これで大きく変わってきます。

 

最も平均的な生活(特別に運動はしないが通勤や通学で歩いたり、家事などで体を動かしたり)をしている場合は、

総消費カロリー=基礎代謝0.7+生活代謝0.3

くらいの数値になり、

 

基礎代謝が1,200キロカロリーくらいの女性の場合は、生活代謝は514カロリー、総消費カロリーは1,714カロリーという計算になります。

 

この総消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくれば自然にダイエットは進んでいくという計算です。

 

 

1キロ減らすには?

 

私たちの体は体外からカロリーが入ってこなければ体にたまっている栄養素から栄養分を摂取しようとします。
そうです、体脂肪です。
体が体脂肪を使い始めてくれれば痩せてきます。

 

特別なことをしなくてもこれだけは絶対的な原理です!

 

体重を1キロ減らすためには7200カロリーを使います。
要するに、7,200キロカロリー分を食物から取らずに我慢すれば体脂肪から7,200キロカロリーを使ってくれるということです。

 

例えば、1日の総消費カロリーが1,714キロカロリーで摂取カロリーが1,000だとすると、その差は714キロカロリー。
この不足分は体脂肪を利用します。

 

この生活を10日続けたら714キロカロリー×10日で7,140キロカロリー。
そうです、これで約7,200カロリーですから10日で1キロ痩せられるという計算になるのです!

 

ダイエットは理論的に!

どうでしょうか?

意外と簡単でしょ?
こんなふうに考えて科学的に計算していけばいいのです!

 

1日1,000キロカロリーで過ごすのはつらい・・・とううならば、運動量を少し増やして生活代謝を上げるということもできます。
もう少し緩く20日で1キロの減量を目指すならあと350キロカロリー多く食べることができます。

 

そして、ここで登場するのがダイエットサプリです。

 

脂肪燃焼サプリは消費カロリーを上げることを促進しますし、
糖質・脂質カットサプリは摂取カロリーをカットします。
食欲抑制サプリは摂取カロリーを取りすぎないようにします。
腸内環境改善サプリは摂取カロリーが蓄積されないように排出しやすくします。

 

この力をうまく使っていけばもっともっと楽にダイエットをすすめることができるのです。

 

この原理で行けば自力でももちろんダイエットは可能です。
でもどうせならもっと楽に効率よく進めたいじゃないですか!!

 

だから、ダイエットサプリをうまく活用するのです!

 

ね、簡単でしょ!?

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top